雇用調整助成金の特例期間が延長へ


また、感染防止策と社会経済活動の両立が図られる中で、休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化しない限り、雇用調整助成金の特例措置等は、段階的に縮減が行われる予定です。

【雇用調整助成金の特例措置等を延長します(プレスリリース)】

https://mhlw.lisaplusk.jp/jump.cgi?p=16&n=116




申請期限は12月末へ

合わせて、「雇用調整助成金」及び「緊急雇用安定助成金」の支給申請期限が延長されています。


通常は、判定基礎期間の末日の翌日から起算して2か月以内に支給申請を行う必要がありましたが、令和2年1月24日から6月30日までに判定基礎期間の初日がある休業などは、9月30日まで申請ができるようになりました。


10月1日以降の休業については、通常通り半手基礎期間の末日翌日から2か月以内となりますので注意が必要です。

Copyright © 2018 やくい社会保険労務士事務所 Inc. All Rights Reserved.   |  個人情報保護方針  |  免責事項

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon